toggle

よくある質問 | FAQ

よくある質問について

お問い合わせいただく質問と回答を「コンセプトデザイン」「人材育成開発」「依頼」の各項目ごとにまとめました。

コンセプトデザインについて

Q1. コンセプトデザインとは?

A1. アイデアや思考を客観的に表現したり評価することは、とても難しいことです。そのため、これまでの経験、思い、考えなどを棚卸しして、アイデアへの理解や共感によってあるべきカタチにしていくことです。アイデアや考え方を整えるときは、頭のなかで説明できる論理的思考と心のなかで違和感がない感覚や感情を交差させることで、理解と納得を育んでいくことも特徴の1つです。

Q2. コンセプトデザインの成果は何ですか?

A2. お客様が状況を俯瞰して問題解決の方法を見つけ出すお手伝いをします。具体的には戦略的思考で①問題の本質を理解する、②起こりうる次の展開を予測する、③適切な解決策を見つける。この3つをお客様に提供することを、OFFICE Pはお約束します。

Q3. デザインとはアートや美術のことを意味しますか?

A3. OFFICE Pのデザインは、「カタチを創る」「問題の発見と解決」「新しい未来の創造」と定義しています。つまり、「ヒト、モノ、コトを創るための問題の発見と解決をおこなって、新しい未来を創造する」ことがデザインの定義です。

Q4. 創造的なアイデアにたどり着きますか?

A4. 創造性は独創的で新しい概念と言えますが、視点や立場が異なると現在の状況状態でも創造的と見えたり、または普通に見える場合があります。そのため、まずはお客様が考える創造の定義を一緒に見定めていくことが不可欠です。これはプロジェクトをスタートした後の過度の期待や誤解をお互いに防ぐ意味でも重要だからです。

人材育成開発について

Q1. 人材育成開発の育成と開発の違いはなんですか

A1. 育成は現在のパフォーマンスを成長させること、開発は潜んでいる可能性を引き出すこととイメージしてください。育成と開発を同時おこなうことで、強みを引き出しながら伸ばしていくことも期待できます。

Q2. コンサルティング会社はどこも同じ手法なんですか?

A2. いいえ、お客様のニーズをしっかり把握してから人材育成開発のデザインがスタートするので、全てオリジナルのリソースとなります。しかし、残念ながら過去のリソースをそのまま当てはめるだけのコンサルティング会社がいることも事実です。その場合、どのお客様に対しても同じリソース(理論や経験など)を当てはめるだけなので、本来お客様に求められる人材育成開発にたどり着くことは困難です。

Q3. パーパスやMVVのデザインと一緒に人材育成開発をおこなうことは可能ですか?

A3. はい、もちろん可能です。企業の代表者様や担当者様に常にお伝えしていることは、人材は「~である、~するべき」と決めてしまう前に、パーパスとMVVに基づいた「~らしさ」で人材育成開発をおこなうことが重要です。お客様が築いてきた文化や歴史は同業他社とも違うように、たとえ同じ業界業態であってもデザインされるコンセプトは大きく異なってきます。

Q4. コンセプトの実現は人事に何をもたらしますか?

A4. コンセプトの実現は、自社に対するエンゲージメントを高め、離職率の低下や採用率の向上にも貢献していきます。コンセプトを軸にした職務定義や人事評価制度のデザインによって、①コンセプト、②人材育成開発(HRD)、③職務定義・人事評価制度(HRM)がつながり、これまでにない人事戦略をお約束します。

コンサルティングについて

Q1. 経済について理解が乏しいのですが問題はありませんか

A1. 問題はありません。ミクロマクロ経済や市場の状況をふまえたヒアリング、収集、分析、検証、提言をおこなっています。そのため、特別な準備をおこなう必要もありません。

Q2. 保有している過去のデータを用いた未来予測はできますか?

A2. 未来予測の要件・要求定義によりますが、ビジネスインテリジェンス(BI)※1をおこなっているパートナー企業と協同でデータ分析※2をおこなっています。BIを活用することで、情報を瞬時に可視化・分析した未来予測をおこない、お客様の意思決定を正しく導くデータ分析を提供しています。
※1.BIとはビジネスインテリジェンスの略で、企業などの組織内にある様々なデータを、収集・蓄積・分析・報告することで、経営上の意思決定にいかす手法や技術のことです。
※2.BIツールやデータアナリストとの協同

ご依頼について

Q1. どのくらいの費用がかかりますか

A1. プロジェクトの期間、規模、所在地などを換算した予算になります。一例として、都内の300人規模の企業でパーパスとMVVのコンセプトデザインの場合、ヒアリング、ブレスト、プロトタイプ、更新、発表までにかかる時間は約1年です。コンセプトのデザインの後も企業成長に伴う更新のご依頼もあり、多くの企業様と末永いお付き合いをさせていただいてます。

Q2. 事前にご相談する際は無料ですか

A2. はい、無料です。東京、神奈川、千葉、埼玉のお客様は直接お伺いさせていただきます。遠距離でもオンラインでコミュニケーションをおこないますが、具体的な内容によっては直接お伺いさせていただく場合もあります。まずは直接お会いして、お互いを確認し納得することが第一と考えています。

Q3. 全く違う業界業態でも問題はありませんか?

A3. お客様の分野は様々です。個人から法人、行政、サービス業、ものづくり、IT企業など幅広い分野からのご相談とご依頼を受けています。

Q4. 寺社仏閣や工芸など伝統や歴史に関わる分野の相談も可能ですか

A1. はい、もちろん可能です。伝統や歴史を守りつつ、その価値観にいざなわれたコンセプトのデザインをお約束します。たとえば“かわいい”や“映える”は社会のトレンドを理解するうえで大切ですが、もっと大切なことは隠れてしまった伝統や歴史の本質を改めて見出して、本来の価値を伝えられるように整えなおすことが重要です。

 その他にも疑問や質問がありましたら、お気軽にお問合せください。皆様と一緒にコンセプトや人材を創ることを楽しみにしています。