toggle
2019-02-12

人が来たり居たくなる「住む泊まる働く場」のデザイン

新築 古民家 シャアハウス 空家 ゲストハウス ホテル 旅館 別荘 オフィス 店舗 デザイン コンセプト 建築 コミュニティ リノベ

人が留まるのはその場所に誘いを感じたとき

居心地や雰囲気が悪いとその場所には居たくないし、また行きたいと思いません。もしその場所が本当は魅力的な所だったらとても勿体ない自体です。原因となっている理由を探して手直しをしても根本的な解決できるかわかりません。例えば古民家や空家をリノベーションには耐震強度や修繕などで大きな予算が掛かるのと、いつ見つかるかわからない買手や借手のリスクがあります。宿泊施設、オフィス、店舗なども同様のリスクをもっています。

人はポジティブな感情がある環境と場所に誘われます。ぐっすり寝むれる、快適に過ごせる、仕事がはかどるなど場所に求められるものは実にシンプルです。このシンプルな問いに対しての応えは、そこで過ごす人を誘うためのデザインをしていくことです。簡単なデザインの流れは、まず誰が、何に、なぜ、どのように誘うのかを洗い出し、出てきたヒントをパズルのように当てはめていきます。当てはめていくとイメージが見えてくるので、それを言語化して概念を整えていきます。言語化と概念化が進むとそれを視覚化してさらに見えるカタチにしていきます。言葉でもビジュアルでも伝えたい魅力がカタチになってくれば「場」に求められる本質も見えてきます。

「この場所だから過ごしたい時間がある」とイメージができて実際に体感もできるモノ(建物、場所)があり、それを伝えるコト(コンテンツと内容)がターゲットとなるヒト(顧客、企業)に伝わっていること。そうすれば人は建物・場所とコンセプトに誘われて、そこに集まるようになります。誘いをデザインすることで、誘わられた人がまた他の人を誘う「誘いの循環」が生まれ、SNSによって国内外の不特定多数の人に波及していきます。

魅力と本質を見えるカタチにするデザイン

Office Pは建物をつくる建築士、人が集い留まる場をつくるコミュニティデザイナー、新しい概念を創り出すコンセプトデザイナーがデザインしています。建物と場所をつくる職人や企業にも概念がきちんと伝わると考え方や進捗計画のズレを減らせます。さらに完成した建物と場所が社会から大きな注目を集めたとき「あれは私が建てたところだ!」と大きな自信とプライドを持っていただけます。この自信とプライドは次に良いモノをつくる原動力になるので、建物と場所の拡張や他に第二弾が計画に出たときは賛同者も多くなり成果に結び付きやすくなると思います。Office Pのデザインは働く人も誘っています。

住む泊まる働く場のデザイン

新築 古民家 空家 シェアハウス

ホテル 旅館 ゲストハウス 別荘

オフィス 店舗

オーナー、目的、予算、地域、築年数、実現性などを考慮しながらコンセプトとプランを練り、実現に向けて取り組んでいます。

Follow by Email
Instagram
Facebook
Facebook
Twitter
Visit Us
関連記事