toggle

建築 | ARCHITECTURE

建築×コンセプトのデザインで目指すもの

Aoi Stand × Office Pは日本の歴史や日本人の感性から建物の新しい魅力と可能性を見つけて、建築とコンセプトのデザインで住む・暮らす・過ごす・働らく・休む・治すなどのカタチを実現しています。

古き良き 温故知新

再利用やリノベーションなどの企画と提案

日本の伝統の文化や技術の活用

例えば組子や織物などをインテリアのなかに組み込んで床材、建材、照明などに用いる
伝統的な模様をコンクリートの型枠にして、それまであったものを違うカタチで表現

生活様式

建築士の技能を他の専門職の技能と融合させて、新しいモノを創ってみる
“あったら便利だな”というものがデザインと品質に優れ、生活を豊かにするもの
日本では当たり前のものでも、海外には無いもの。またはその逆のもの
家庭に一個あっても邪魔にならず、これからもついつい買ってみたくなるもの

変える」と「買える」が適う理由

1. 打合せをコストと考えていません

打ち合せをコストとみなして見積もりに盛り込む会社もあります。コストと比較した働き方をしてしまうとどうしても先を急ぐかたちで仕事をしてしまいがちです。それだとお客様の考えや思いを十分に引き出さず、作り手の都合で仕事が進んでしまい、完成した家や建物は期待したイメージと異なってしまいます。

そのため、お互いに理解と納得をしていくための打合せをコストと考えていません。

2.コストコントロール

新築も改装も資材や職人などコストを掛ければ確かに良いものはつくれます。しかし予算は無限ではありません。「予算を言うと足元を見れる」と思われるかもしれませんが、予算を把握することで実現の可能性と有無を明確にすることができます。それによって完成に至るまでの納得が全くといって言いほど異なってくるからです。

お客様のイメージに近づけるためにも、予算を明確にしてアイデアを練ることはとても大切なことになります。

3.デザイン思考で可能性を広げる

デザイン思考」は、クリエイティブなアイデアや行動を促すだけではなく、実際に問題解決をおこなって、サービスやプロダクトをさらに拡大することができます。アイデアの実現には建築だけでなく、経済や歴史など様々な領域の専門性を用いることで新たな発想に導いてくれます。

そこで私たちはお客様のニーズと問題を解決していくなかでデザイン思考を用いて建築の可能性を高めています。

いいものをつくるには、様々な可能性を探していくことがとても大切です。パンフレットに書かれて準備がされたサービスではなく、人や社会のニーズをコミュニケーションを通じて見つけ、そして誘っていくことで本当に求めていた「建」のカタチが見えてきます。

探すところからはじまります

不動産を探すタイミングから一緒に店づくりをしていきます。なぜなら「理想」の場所づくりは工事中からではデザインや計画の変更ができなくなるからです。例えば不動産屋の話では都合がつくはずだったけど、実際には多くの問題点があって予算も計画も想定外となってしまったという話はよく聞きます。

きちんと場所からデザインをしていくことで予算とイメージに合った建築を実現していきます。

設計業務(新築 改修)

ご相談 現地調査 プラン作成 打合せ ご提案
ショールームご案内

申請業務

建築確認申請等

監査業務(新築 改修)

進捗 品質 

建築 コンセプト デザイン 建物 デザイン思考 伝統 文化 建築士 設計業務 新築 改修 申請業務 監査業務 店舗 宿

サービスの概要

店舗 | Store

飲食・物販・美容・医療などさまざまなジャンルで空間をつくっています。働く人とお客さんが居心地が良いと感じる空間づくりによって、そこで求められる利用の満足度を高める建築をおこなってます。

戸健 | House

家は家族で過ごした時間があります。その時間を失うことなく、これからの時間もつくっていく家づくりをおこなっています。日本は地震や台風など自然災害がとても多い国ですが、だからこそ安心して住めるための家づくりを基本としています。

宿 | Yado

民宿、温泉宿、ホテルなどの再生をおこなっています。「古いから魅力がない」から「古きに魅了される」ような宿づくりです。住宅を民泊やゲストハウスにリノベーションして終わりではなく、運営のプロのデザイナーと一緒に集客やイベントなどのお手伝いもしています。

公共 | Public

学びや癒しの場は人生の豊かさに大きく影響してきます。幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校、大学、専門学校、大学、塾、予備校などの教育施設。病院、クリニック、老人ホーム、特養などの医療福祉施設。人生の過ごす時間は場のデザインがとても重要です。“ここに居て本当に良かった。あの人にも伝えたい”と言える建物をつくっています。

ふれる | Workshop

アオイスタンドが建築や不動産にまつわるヒト・モノ・コトを伝えていきます。家、伝統工芸、寺社仏閣がまだ認知はされていないけど、魅力あるヒト.モノ.コトを見つけて地域と一緒にデザインしていきます。

空家 | コツコツと

少子高齢化と相続の問題でどんどん増えていく空家物件。再生させて住んだり、売却したりと依頼主と地域のことを考えながらコツコツと解決していきます。

リノベーション | 住めばみやこ

例えば、ある地域の営みに魅了されてしまったが住みやすい物件がない。そんな悩みを解決すべく住みやすく懐かしい気持ちにさせる「住」をつくっていきます。古民家、長屋、茅葺屋根の家屋などの日本建築の魅力と可能性を改めて引き出して、住居、宿泊、商業などに生まれ変わらせています。

再生 | いいものはそばにある

木材や生活道具など廃材になったものに付加価値を付けて、新しいライフスタイルの空間を提案していきます。古くなった木材が床に、柱が椅子になったりと新たな姿に生まれ変わり、すぐそばにいます。

調和 | らんまん

建築とコンセプトデザイン、そして継承されてきた技法を組み合わせて新しい製品やブランドをつくっていきます。