toggle

つくる責任つかう責任のコンセプトデザイン | SDGs 目標.12

つくる責任
つかう責任
そのデザイン

SDGs(持続可能な開発目標)は17のゴール・169のターゲットから構成されています。

その中にある目標12「つくる責任つかう責任」を達成していくためのビジネスモデルとコンセプトアートのデザインをおこなっています。

「今あるモノ」

環境に配慮する取り組みとして3R(リデュース・リユース・リサイクル)があります。

現状あるものを利用する場合、再利用(リユース)や再資源(リサイクル)を主軸としたデザインをしていくことになります。

「新しくつくるモノ」

新たな事業や製品を企画するときは、SDGsを踏まえ3Rに適ったコンセプトを考えていくことが不可欠です。すなわち、ヒトと自然の負荷の軽減を念頭に、共存ができるデザインが重要となります。

サステナビリティの領域は、「出口戦略」ばかりに目が行きやすいです。しかし、出口に向かうまでの「入口」と「歩み出し(スタート)」にさかのぼって、ヒトとモノの本質を見定めていく必要があります。CSRとSDGsの目的目標を明確にしてみると、求められるデザインを考えることは容易になってきます。さらに、そこで見つけたアイデアの種は、新しい事業創造となってきます。

サステナビリティとサーキュラーエコノミーをロジックの前提に、つくり手となる企業やヒトのバリュー、パーパス、コンセプト、ESGなどをふまえて、企業や行政の「つくる責任つかう責任、そのデザイン」をおこなっています。