toggle

世界観 | CONCEPT

と心に描いたもの その世界観をカタチのあるものにする

OFFICE Pは「へん」という概念を大切にしています。頭や心のなかに表れた“!?”は、まだ世の中に隠れているユニークなアイデアや価値かもしれません。

ロジカルな思考と感性を交えたデザインが特徴です。

いいものを生み出す環境をつくると頭と心にあるアイデアが見つかりやすくなり、それがだんだんカタチになっていくとつくる喜びを実感していきます。

OFFICE Pのコンセプトデザインのテーマ

 世界観を創る

頭と心に描いたもの
その世界観をカタチのあるものにしています

コンセプトモデル

未来をつくるデザイン
これから創造される社会の手がかりをつくっています

コンセプトアート

行動や感情を表現するデザイン
文化、歴史、芸術などを見えるカタチにしています

OFFICE Pのデザインは問題の発見と解決、モデルは社会のフレームワーク、アートは世界観の表現を実現するものです。世界観は各専門分野の人材が実現に向けて協力してカタチにしています。

OFFICE Pのコンセプトデザインの特徴

・進むべき方向を明確にする

 行き先と道標がクリアになれば、だんだんと行き方もわかってきます

明確なコーポレートアイデンティティをもってブランドを高める

 文章、画像、動画、ロゴ、パンフレット、報告書、Webなどで自社のカタチを表わせます

見えるカタチにすると周りの人と共有でききます

 言いたかったこと、伝えたかったこと、実現したいことがわかってくると周わりの人たちも実現に向けて一緒に動き出せます

・足りなかったこともわかってくる

 やっていなかったことや足りなかったことがわかると本来必要だったことがわかってきます

・逆にいらなかったたこともわかってくる

 やらなくても良いことがわかれば色々とリラックスできます

・誇らしい

 これからやること、成し遂げたとき、その後に続くものはとても誇らしく、もしかしたら日本を代表するような存在になるかもしれません

・育つきっかけ

 気持ち、知識、経験を共有すると眠っていた良いものを引き出して気付かせて、そして伸ばすチャンスに恵まれます

・千客万来

 これまでとは違う学生、転職、新規顧客などが目を向けてくれて集まるようになります

コンセプトデザインはアイデアの可能性と魅力をつくること

お互いに言っていることがわかれば安心して次のステップに進むことができます。アイデアの実現にはその可能性がたしかに ”ある” と実感してもらうことが大切です。アイデアを聞いたときに “スッと” 理解できるコンセプトは言い換えれば方向性や最終的なゴールをイメージしやすく、まわりの人たちとアイデア=可能性を共有する力をもっています。

もしコンセプトが絵に描いた餅でなければ、アイデアは未来に向けた出発点になります。コンセプトを整えることはアイデアの本質である魅力を届けるきっかけをつくることでもあります。魅力をわかってもらうほうがコンセプトを理解しやすく相手の心に届きやすくなります。

OFFICE Pはアイデアの本質を失わずシンプルに整えていくデザインをおこなっています。