toggle

IT企業のパーパスとMVVの策定 成功事例①

IT企業 パーパス MVV 策定 成功事例 ヒアリング OFFICE P

IT企業の新しいパーパスとMVVをつくる

東京の渋谷に拠点があるIT企業のパーパスとMVVの策定をおこないました。事業拡大とともに社員の人数も200人を超え、多種多様な価値観や意見も見られるようになりました。そのため「これまでのMVVでは方向性と認識にズレが生じていて、これからの成長に合っていないから、未来を見据えたコンセプトにしたい」という相談を受け、新しいコンセプトづくりに取り掛かりました。

コンセプトデザインの準備 – コミュニケーション –

パーパスやMVVのコンセプトのデザインに着手する前に、経営陣の方々と今後の方向性について意志の確認をおこないます。これは「依頼すれば全てを解決してくれる」という受け身の姿勢ではなく、会社全体で改革をおこなう姿勢が必要だからです。経営陣の本気の姿勢がないと改革に取り組む意志が会社全体に循環しないからです。つまり最初に経営陣と意思の疎通が図られることで、プロジェクトは走り出しやすくなります。

コンセプトデザインの準備 – ヒアリング –

ヒアリングの前提は「匿名(秘密厳守)」と「人事考課と無関係」が守られることです。この2つの約束事は、本音を引き出す環境づくりです。ヒアリングのテーマは①会社の現状、②自分を取り巻く状況、③それをふまえた現在のMVVに対する意見(考え、思い、エピソードなど)を把握です。まず最初に経営陣、次に管理職、最後に一般社員に同じ内容のヒアリングをおこなって、各職位の意見を把握しました。

※OFFICE Pは、時間の都合が合えば契約社員やアルバイトなど非正規社員の人たちからも意見を聞くことを奨励しています。制約ある働き方をしている人たちからの意見も、ダイバシティマネジメントを策定する際の貴重なナレッジになるからです。

コンセプトデザインの準備 – ヒアリングの集約 –

ヒアリングで把握した意見は匿名に則って各職位ごとにまとめ、経営陣に報告します。報告書の内容を読んだ経営陣の反応は、予想通りのものから、予想もしていなかった現実を知って驚きを隠せないなど様々です。このギャップはパーパスとMVVを策定するための大きなアイデアになります。なぜなら、真逆の答えはお互いにもっていない意見で、そこから解決のための接点を見つけていくことができるからです。

ヒアリングを第三者がおこなうメリット

ヒアリングは利害関係のない第三者がおこなうことで、率直な意見を述べてくれる可能性が高まります。だからといって、はじめて会った人に簡単に心を許す訳ではありません。コミュニケーションは、ラポールやブリッジなどのNLPの理論を活用しながら、話しやすい環境づくりに努めています。そして、ヒアリングを受けてもらうときに「匿名(秘密厳守)」と「人事考課と無関係」であることを必ず伝え忘れないようにしてください。この2つを厳守することで、上司や同僚に話しづらいことを打ち明けてくれるようになります。ただし、あくまでもパーパスとMVVを策定することが目的なので、仕事やプライベートに関して深入りしないことが大切です。

次回は、IT企業のパーパスとMVVの策定② アイデアの創出です。

パーパスやMVVの策定でお困りでしたら、まずはお気軽にご相談ください。